×

CATEGORY

HOME»  刀の試し斬り»  日本刀の製作工程

日本刀の製作工程

日本刀の製作工程

 

(1)これは砂鉄です

日本刀の製作工程

この砂鉄を、たたら(粘土で作った溶鉱炉)で生成し、玉鋼を作ります。

 

(2)

日本刀の製作工程

これが、たたらで出来た玉鋼です。

 

(3)

日本刀の製作工程

玉鋼を薄く平らに打ちのばし、小割にして、硬くてキレイな鉄は皮鉄用、軟らかい鉄は心鉄用に選別します。

 

(4)

日本刀の製作工程

同質の鉄で作ったテコ棒(道具)の先に積み重ねます。

 

(5)

日本刀の製作工程

およそ1200~1300℃ぐらいまで松炭で熱し、折り返し鍛錬を十数回繰り返します。

 

(6)

日本刀の製作工程

鍛錬をして出来た、甲伏せ用の皮鉄です。

 

(7)

日本刀の製作工程

鍛錬をして出来た心鉄です。

 

(8)

日本刀の製作工程

皮鉄と心鉄を組み合わせて目的の長さに延ばします。
 

 

(9)

日本刀の製作工程

ある程度延ばした物です。段がついているところから切り落とし、中心(なかご)を、延ばします。

 

(10)

日本刀の製作工程

これで素延べ(すのべ)完成です。これから刃を打ち出します。

 

(11)

日本刀の製作工程

切っ先から打ち出していきます。

 

(12)

日本刀の製作工程

段々と元の方を打ち出していきます。

 

 

(13)

日本刀の製作工程

火造り(刃打ち出し)完成です。

 

(14)

日本刀の製作工程

ひずみ直しをして、砥石で黒皮を取り、刃区(はまち)、棟区(むねまち)を切って、ヤスリで削って整えます。
※区(まち)とは、中心との区切りのこと。

 

(15)

日本刀の製作工程

乱れ刃の土置きです。

 

 

日本刀の製作工程

直刃(すぐは)の土置きです。

 

(16)

日本刀の製作工程

土が乾いたら、焼き入れをして、焼きの具合を砥石をかけて確かめます。

 

(17)

日本刀の製作工程

姿を作ります。

 

(18)

日本刀の製作工程
姿作り完成。砥石で研ぎます。(鍛冶押し)

 

(19)

日本刀の製作工程
鍛冶押し終了。 ※樋無しの場合は、(24)に移ります。

 

(20)

日本刀の製作工程

チリを残すようにするため、棟側に目安の線を引き、樋センという道具を使い、樋を彫って行きます。

 

(21)

日本刀の製作工程

始めは細く彫って、深さをある程度合わせ、段々と広げていきます。

 

(22)

日本刀の製作工程

チリを残して鎬(しのぎ)まで広げ、磨いていきます

 

 

日本刀の製作工程

 

(23)

日本刀の製作工程   

磨き上がり

 

(24)

日本刀の製作工程

中心に化粧ヤスリをかけ、目釘穴をあけます。


 

(25)

日本刀の製作工程

刀匠(作者)銘を切ります。

 

 

日本刀の製作工程

 

(26)

日本刀の製作工程

これで刀匠の仕事は終わりです。このあと、研ぎ師をはじめとする職人の手を経て完成です。

 

刀匠作品

CATEGORY

CONTENTS

ブログ